【徹底解説】ゲーム作りたい時は何から始めれば良い?初心者におすすめの勉強法を紹介

※当サイトはプロモーションが含まれています

ゲームに関する悩み

ゲーム開発は一見複雑に見え、ゲーム開発をしたことがない人は何から手をつけて良いかわからないと思います。

この記事では、ゲーム作りの最初の一歩から、目的に応じた開発方法、勉強の進め方まで初心者にとって必要な情報を紹介します!

ゲームを作りたい初心者へ

初心者でもゲーム開発はできる?

初心者でもゲーム開発は可能です。昔はゲーム開発にプログラミングの知識がかなり求められましたが、最近では以前よりも簡単にゲーム開発を行うことができます。

主要なゲームエンジン、例えばUnityやUnreal Engineは初心者向けの使いやすいインターフェースを提供しています。しかも、これらは無料で利用可能で、豊富なチュートリアルがあるため開発しやすいです。

初心者がゲームを作るのにどれくらいかかる?

ゲーム開発にかかる時間は、開発するゲームの複雑さ開発者のスキルに大きく依存します。初心者が簡単なゲームを作る場合、数週間から数ヶ月かかることが一般的です。基本的な2Dゲームや小規模なパズルゲームは、比較的短期間で完成させることが可能です。

ただし、ゲーム開発の初心者に重要なのは、焦らずに一つ一つ理解しながら進めることです。初めは時間がかかるかもしれませんが、経験を積むにつれて効率は上がります。

ゲーム開発に必要な知識は?

ゲーム開発に必要な知識は複数の分野にまたがっていますが、初心者が個人でゲーム開発を行う際には全てを覚える必要はありません。

最も重要なのがプログラミングスキルです。これは、ゲームの基盤となるコードを書くために不可欠で、UnityやUnreal Engineなどのゲームエンジンに適したプログラミング言語を学ぶことが求められます。

ゲームデザインの理解も重要で、これにはゲームのルール、ストーリー、キャラクターの設計が含まれ、プレイヤーがどのような体験をするか考えることが重要になります。また、ゲームのデザインとBGMなどの要素が全体の体験を大きく左右します。

ゲームを作る時のプログラミング言語は?

ゲームを作る時に使うプログラミング言語は、作りたいゲームがどんな種類か、そしてそのゲームを何で遊ばせたいか(例えば、スマートフォン、パソコンなど)によって変わります。

それぞれの言語には得意なこととそうでないことがあるので、何を作りたいかによって最適な言語を選ぶことが大切です。

ゲーム制作時のプログラミング言語については後ほど詳しく解説します。

何から始める?ゲーム開発の基礎知識

1. 作りたいゲームを決める

ゲーム開発の第一歩は、どんなゲームを作りたいかを決めることです。これは次以降の学習や素材選びにも関係するため、その後のすべての作業に影響を与えます。

ジャンル(アクション、パズル、アドベンチャーなど)、プラットフォーム(iOS, Android, PCゲームなど)、テーマを考えます。

初心者の場合、シンプルなコンセプトから始めることをお勧めします。複雑なゲームは多くの時間とリソースを必要とするため、1つ目から難しいゲームを作ると途中で挫折することが多いです。

参考にするためにお気に入りのゲームを分析することも有効です。何がそのゲームを面白くしているのか、どのような要素を取り入れたいかを考えましょう。

2. ゲーム開発エンジンを選ぶ

ゲームを作るときには全て1から作る必要はなく、ゲームを作る際に必要な機能を提供するゲーム開発エンジンと呼ばれるを使います。

ゲーム開発エンジンはスマホゲームなのか、PCゲームなのかによって異なり、開発エンジンに応じたプログラミング言語を使う必要があります。

スマホゲーム(iOS, Android)

スマホゲームを開発する際におすすめなのはUnityというゲーム開発エンジンを使うことです。この開発エンジンは無料で使うことができ、多くのスマホゲーム開発で使われています。

スマホゲームが好きな方ならゲーム起動時画面でUnityと表示されるものを見たことがあるかもしれません。かなり有名な開発エンジンなので開発中に困っても検索すれば解決することが多いです。

また、Unityで開発するとiOS, Androidで別々に開発を行う必要がないため、学習コストが大幅に下がります。この場合のプログラミング言語はC#という言語を使うことが多いです。

参考:Unity公式サイト

PCゲーム開発

PCゲームの開発にはUnityかUnrealEngineを使うことがおすすめです。個人的には簡単にゲームを作りたいならUnity、グラフィックにこだわったゲームを作りたいならUnrealEngine程度の分けで選んで大丈夫です。

UnityであればC#, UnrealEngineではC++もしくはブループリントと呼ばれるプログラミングとは少し異なる方法でのゲームを開発することもできます。

ゲーム開発初心者の方は深く悩まずに直感で選んで、とりあえず手を動かしてみることをおすすめします。

    3. 素材を探す

    ゲーム開発には様々な素材が必要です。これにはテクスチャ、キャラクターのモデル、アニメーション、音楽、効果音などが含まれます。

    全てを自分で作成するのは時間がかかるため、初心者はオンラインのアセットストアやフリー素材を利用することがおすすめです。

    Unity Asset StoreやUnreal Engine Marketplaceは、それぞれの開発エンジンで利用可能な様々な素材を提供しています。ただし、世の中に出す際にはライセンス条項を読み、商用利用可能なものを選ぶ必要があります。

    この素材選びが面白くて時間を使ってしまうことがありますが、ゲーム開発を作ることが目的の初心者の人は時間をかけずに決めることおすすめします。その理由は、その後のプログラミングへの学習の時間がなくなり、最終目標のゲーム開発ができないことがあるためです。

    2作品目以降のゲームを作るときに素材をこだわることがおすすめです。

    4. プログラミングをする

    最後に、ゲームに命を吹き込むためにプログラミングが必要です。選んだゲームエンジンに応じて、UnityならC#、Unreal EngineならC++やブループリントを学びます。

    プログラミングはゲームのルール、キャラクターの動き、ゲーム内のインタラクションを制御するために使います。

    初心者は基本的なプログラミングから始め、徐々に複雑なコンセプトに進むと良いでしょう。オンラインのチュートリアルやフォーラム、コミュニティは非常に役立ちます。

    実際にコードを書いて手を動かし、経験を積み重ねることが重要です。プログラミングは練習と実践によって上達しますので、初めは簡単な内容から始めて徐々にスキルを向上させましょう。

    ゲーム開発におすすめの勉強方法

    本で学ぶ

    本でゲーム開発を学ぶ方法は、基礎から応用まで幅広い知識を体系的に習得できる点で有効です。また、ゲーム開発の初心者向けの本も多く、特定のゲームエンジンや高度な技術を扱った専門書まで、幅広いレベルの書籍があります。

    本を利用する最大の利点は、自分のペースで学習を進められることです。また、図解や例示が豊富で、理解しやすい点も魅力です。書籍を読む際は、理論だけでなく、実際にゲーム開発ツールを使用して学んだ内容を実践することが重要です。

    ただし、技術の進歩が早い分野であるため、最新の情報を得ることには向いていません。よく聞く話では初心者の人が本で勉強すると本と同じソースコードを書いていてもエラーが出てしまい、勉強が止まってしまうことがあります。

    created by Rinker
    SBクリエイティブ
    ¥2,970(2024/05/21 20:37:05時点 Amazon調べ-詳細)

    プログラミング教室を利用する

    プログラミング教室を利用することは、ゲーム開発において非常に有効な学習方法です。これらの教室では、専門の講師が直接指導を行い、ゲーム開発の基礎から応用技術まで幅広くカバーします。

    対面またはオンラインでの授業を通じて、プログラミングの基本概念、ゲームエンジンの使い方、ゲームデザインの原則などを学ぶことができます。

    教室の利点は、疑問点や困難な部分についてすぐに質問できる点にあります。また、同じく学習中の仲間と知識を共有したり、プロジェクトに協力したりすることが可能です。実践的なプロジェクトや課題を通じて、実際のゲーム開発プロセスを経験できるのも大きなメリットです。

    ただし、教室やコースは場所によっては費用がかかることや、スケジュールが固定されているため、自分の生活スタイルや学習ペースに合わせる必要があります。選択する際には、教室の評判、カリキュラムの内容、費用などを事前に調査することが重要です。

    インターネット情報を探す

    インターネットは、ゲーム開発を学ぶための無尽蔵のリソースを提供します。オンラインチュートリアル、ブログ記事、Q&Aサイトなど様々な形式の情報が手に入ります。これらのリソースは、最新のトレンドやテクノロジーに迅速に対応しており、多くの場合無料でアクセスできます。

    オンラインでの学習は、自分の興味や必要に応じて特定のトピックを深く掘り下げることができる点が強みです。しかし、インターネット上の情報は品質が不均一であり、信頼できる情報源を見極める必要があります。

    ゲーム開発の注意点

    最初は簡単なゲームを作る

    ゲーム開発を始める時、最初は簡単なゲームを選ぶことが重要です。これは、ゲーム開発の基本的なプロセスを学び、技術的なスキルを身につけるためです。複雑なゲームを最初から手がけると、初心者は多くの課題に直面し、やる気を失う可能性があります。

    簡単なゲームから始めると、プログラミング、ゲームデザイン、アートワーク作成など、ゲーム開発の各側面を一歩ずつ理解できます。例えば、クラシックなパズルゲームやシンプルな2Dプラットフォーマーなどは、初心者にとって理想的な選択肢です。

    最初のゲーム開発を最後まで完成させることで、自信をつけることができます。また、完了したゲームがあることで、将来的に仕事としてゲーム開発を行いたい場合に有利になることがあります。

    開発時のPCスペックに注意

    ゲーム開発を行う際には、使用するPCのスペックが重要な要素です。特に、3Dゲームやグラフィックスが重いゲームを開発する場合、高性能なPCが必要になります。PCのスペックが不十分だと、ゲームエンジンの性能が低下し、開発プロセスが遅くなったり、クラッシュしたりするリスクが高まります。

    ゲーム開発に適したPCには、十分な処理能力(CPU)、大容量のRAM、高性能なグラフィックカードが必要です。特に、リアルタイムでの3Dレンダリングや複雑な物理演算を行う際には、高い性能が求められます。また、ゲーム開発エンジンの素材は重いものが多いため、十分なストレージスペースも重要です。

    低スペックのPCを使用する場合、簡単な2Dゲームやリソースをあまり消費しないゲーム開発から始めることをお勧めします。適切なPCを揃えることで、ゲーム開発がスムーズに進み、ストレスなく作業に集中できます。

    最初は世の中に出すことを考えない

    ゲーム開発を始めたばかりの時は、世の中に公開することを目標にしない方が良いです。最初は学習と経験を積むことに焦点を当て、小さなゲーム開発を通じて基本的なスキルを身につけることが大切です。

    市場に出すことを前提に開発を進めると、完成度の高い製品を作る圧力が生じ、学習プロセスにおける楽しみや創造性が失われがちです。

    初心者の場合、プロジェクトを完成させること自体が大きな達成感をもたらします。最初のゲーム開発は自分自身のため、または友人に見せるくらいで考えるのがおすすめです。

    また、最初のゲーム開発を通じて、デザイン、プログラミングなど、ゲーム開発の様々な側面を理解することができます。これらの経験は、将来的に市場向けにゲームを開発する際に重要になります。

    著作権に気を付ける

    上記で世の中に出すことを考えないと記載しましたが、1作品目から世の中に出したいと思う人も多いです。その場合、著作権は気をつける必要があります。自分のゲームに著作権フリーではない音楽、キャラクターなどを使用する場合、それらの要素の著作権を侵害してしまう可能性があります。

    ゲームに使用するすべての素材がオリジナルであるか、正当にライセンスされているかを確認することが重要です。無料または有料のアセットを使用する際は、ライセンス条件を注意深く読み、使用許可の範囲内で利用することが必要です。

    著作権に関する知識を身につけることは、ゲーム開発者として必要不可欠です。著作権を尊重してゲームの作成に努めることが、ゲーム開発の基盤となります。

    まとめ

    この記事では、ゲーム作りの最初の一歩から、目的に応じた開発方法、勉強の進め方まで初心者にとって必要な情報を紹介しました!

    参考になれば幸いです。

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました