【I字?L字?】ゲーミングデスクおすすめ5選!安くてコスパ最強

※当サイトはプロモーションが含まれています

ゲーミングデスク

ゲーミングデスクを買う際にどのような高さや幅が最適か判断することは難しく、買ってから後悔することも多いです。

本記事では、ゲームに最適なゲーミングデスクの高さや幅などを紹介し、普通の机との違いも解説しています。参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

ゲーミングデスクのおすすめ5選

ハイタイプのおすすめゲーミングデスク

通常タイプ

U-POWERのゲーミングデスクは、機能性とデザインを兼ね備えたパソコンデスクです。幅140cm×奥行60cmの広々としたサイズで、ゲームのために快適なスペースをとることができます。

このデスクは、ゲーム愛好者やプロのゲーマーだけでなく、在宅勤務や学習にも最適です。広いデスクは、複数のモニターやゲーム機器、PCアクセサリーを置くのに十分なスペースがあります。

また、ケーブルブランケットが付属しており、ゲーミングPC周りの配線に関して困りにくくなります。

L字タイプ

DOMY HOMEのゲーミングデスクは、L字型デザインのパソコンデスクで、特にゲームをすることに特化したデスクです。

このデスクのL字型デザインは部屋の角を有効活用できるため、部屋のスペースを効率的に使いたい人におすすめです。

モニター台付きで、ディスプレイを目線の高さに置くことができ、長時間の使用でも疲れにくい快適な視覚環境を実現します。

また、飲み物を置くためのホルダーやヘッドホンを掛けるためのフックも付属しています。さらに、このデスクにはLED照明が付属しており、ゲーミングデスクとしてかなりおすすめです。

ロータイプのおすすめゲーミングデスク

ODKのゲーミングデスクは幅120cmで広々としたスペースがあり、4段の収納ラックや引き出し、モニター台が付属しています。

収納ラックや引き出しはコントローラーやゲーミングマウスなどのゲーミング機器を入れることができ、デスク上をすっきりと保ちやすくなります。

また、モニター台は視線の高さを適切に保つことで、長時間の使用における疲れを軽減します。

昇降式のおすすめゲーミングデスク

通常タイプ

Alebertの電動式スタンディングデスクは、かなりおすすめのゲーミングデスクです。幅140cmと奥行70cmの広々としたサイズで、モニターを2枚置いても余裕があります。

このデスクの特徴は、電動で高さ調節が可能な昇降機能です。昇降機能があることで、自分のゲームがしやすい高さに変えることができます。

これにより、FPSやMOBAなどの正確なマウス操作が要求されるゲームをプレイしやすくなります。

また、メモリー機能付きで、好みの高さを保存しておくことができます。これにより、作業用や特定のゲーム用など用途によって簡単に切り替えることができます。

L字タイプ

BilBilのゲーミングデスクは、L字型のデスクで、特に電動昇降式の機能がおすすめです。大きさは広々とした160cm×120cmで、ゲームを支障なくプレイすることができます。

こちらもメモリー機能付きで、好きな高さを簡単に保存して再利用できるため、用途によって簡単に切り替えることができます。

また、ヘッドホンを掛けるためのフックや飲み物を置くためのホルダー、引き出しもあり、多機能なゲーミングデスクになります。

スポンサーリンク

ゲームミングデスクと普通のデスクの違いとは

ゲーミングデスクと普通のデスクの違いは、主にゲーム向けの設計と機能になります。ゲーミングデスクは、ゲームプレイの快適さを重視して設計されています。

通常のデスクと比べてデスクが幅広いだけでなく、ゲーム機器を収納するための特別な収納スペースやゲーブルの配線を整理できる機能などが含まれていることがあります。

また、ゲーミングデスクは光る装飾があることもあり、デザイン性も優れていることが多いです。

一方、普通のデスクは多目的に使用できるような設計がされています。特にコンピュータ作業や書類整理のために適しており、ゲーミングデスクほどの専門的な機能は備えていません。

スポンサーリンク

ゲーミングデスクおすすめの選び方

高さで選ぶ

ゲーミングデスクを選ぶ時は主に3種類から選ぶことになります。種類は「ロータイプ」「ハイタイプ」「昇降式」があり、普段ゲームを遊ぶスタイルによって選ぶ必要があります。

ロータイプは、床に座ってゲームをプレイする人におすすめのタイプです。ハイタイプは一般的なデスクで、椅子に座ってゲームをプレイする人におすすめです。

昇降式のゲーミングデスクは、ロータイプからハイタイプに切り替えられるものやハイタイプから更に高くして立ってプレイが可能な高さまで上げられるものまで様々です。

FPSをやっている人は昇降式のゲーミングデスクを選ぶことがおすすめです。なぜなら、デスクの高さを変えることで自分がエイムを合わせやすい高さを見つけることが可能なためです。

関連記事:FPSにおすすめの机の高さは?FPSに最適な机も紹介

大きさで選ぶ

ゲーミングデスクの適切な大きさは、利用する機器の数によって変わります。大きめのモニターや複数のモニターを使う場合は、広いデスクが必要になります。

また、キーボード、マウスパッドなどを置くスペースも考慮しましょう。ゲーミングデスクを置けるスペースが限られている場合は、制限内の大きさのデスクが適していますが、可能な限り大きめのゲーミングデスクを選ぶことがおすすめです。

形状で選ぶ

デスクの形状は、部屋のレイアウトや個人の好みによって変わります。直線型やL字型のゲーミングデスクなどがあります。L字型のゲーミングデスクは、部屋の角のスペースを有効に使うことができます

また、ゲーミングデスクの形状は綺麗な長方形などではなく、少し歪な形になっていることがあります。これは、モニターアームを取り付けやすくしたり、周辺機器のケーブルを整理しやすくする目的があります。

この点も考慮に入れてゲーミングデスクを選ぶことがおすすめです。

耐久性で選ぶ

耐久性の高いデスクは長く使えるため、結果的にコストパフォーマンスの良さに繋がります。素材には、強度と耐久性に優れた木材や金属がよく使われます。

また、ゲーミングデスクは複数枚のモニターを置くこともあり、重い機器を置いても支えられる耐荷重も重要です。

機能性で選ぶ

ゲーミングデスクによっては、収納スペースやモニタースタンド、飲み物を置くスペース、イヤホンなどを掛けるラックなどの追加機能があります。

これらの機能は、ゲームプレイをより快適にしてくれます。また、ゲーミングデスクの組み立てやすさも気にする必要があります。使い勝手を左右する重要な要素です。

スポンサーリンク

まとめ

本記事では、ゲームに最適なゲーミングデスクの高さや幅などを紹介し、普通の机との違いも解説しました。参考になれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました