【徹底解説】Logicool G640/G640r/G640sの違いとは?

※当サイトはプロモーションが含まれています

マウスパッド

Amazonや楽天などでゲーミングマウスパッドを調べているとLogicoolのマウスパッドはG640・G640r・G640sなどの種類があり、どれを買えば良いかわからないですよね。

本記事では、Logicool G640・G640r・G640sのそれぞれのゲーミングマウスパッドの違いを詳しく解説します。

スポンサーリンク

Logicool G640/G640r/G640sの違い

ロゴの違い

Logicool G640/G640r/G640sは、ゲーミングマウスパッドの右下にあるロゴの色が型番によって異なります。ロゴの色は黒色や白色がありますが、特に性能に影響はありません。

性能の違い

Logicool G640/G640r/G640sの性能の違いに関しては、私はほとんど感じられませんでした。そのため、これらのゲーミングマウスパッドを選ぶ際には性能を気にする必要はないです。

裏面の色が違う

ゲーミングマウスパッドは型番によって裏面の色が異なり、青色と黒色の2種類があります。特に裏面の滑りにくさが変わるわけではないので、どちらの種類を選んでも問題ないです。

値段が違う

Logicool G640/G640r/G640sは、ネットで販売しているのを見ると値段がそれぞれ違うことがあります。ただし、基本的に型番が新しい方が値段が安いことが多い印象です。

スポンサーリンク

Logicool G640/G640r/G640sのどれを買えば良い?

Logicool G640/G640r/G640sのゲーミングマウスパッドは、それぞれ性能に関しては違いがほとんどありません。

そのため、値段が安い最新版のLogicool G640sのゲーミングマウスパッドを買うことをおすすめします。

ただし、ゲーミングマウスパッドのデザインが型番によって異なる場合があるので、もしデザインに拘りがある場合は自分の好きなものを選ぶこともおすすめです。

スポンサーリンク

おすすめのゲーミングマウスパッド7選

ソフトタイプのマウスパッドのおすすめ

Logicool G640 マウスパッド

おすすめのマウスパッドの1つ目は、Logicool G640です。サイズは(縦x横x高さ)=40 x 46 x 0.3 cmとなっています。このマウスパッドはソフトタイプの中で1番おすすめです!

プロの方なども使用していて、とても評判の良いマウスパッドです。

価格もあまり高くなく、数ヶ月に一回であれば買い換えることも容易な金額なので、滑り具合を一定に保ちやすいマウスパッドとなっています。

私はこのマウスパッドを3か月に1回買っていて、買い替えるとエイムの調子が元に戻って良い感じになります。

個人的にかなりおすすめマウスパッドなので、迷っている人はこのマウスパッドを使えば間違いないと思います!

ハヤテ 甲 XSOFT XLマウスパッド

おすすめのマウスパッドの2つ目は、ARTISANのハヤテ 甲 XSOFT XLマウスパッドです。ソフトタイプのマウスパッドを使うならこのマウスパッドを1番おすすめします!

このマウスパッドのサイズは(縦x横x高さ)=42 x 49 x 0.4 cmとなっています。

このマウスパッドは有名なマウスパッドで使っている人も多く、Amazonでの評価がとても高いことが特徴です。今回紹介するマウスパッドの中で一番高額なマウスパッドですが、止めやすさはとても良いです。

また、ハイセンシの人はマウスパッドの摩耗が少なく長期間使えるため、値段が高くても自分が良いと思うものを使うのがおすすめです!

もし余裕があれば、一度は試してみることをおすすめするマウスパッドとなっています。

created by Rinker
ARTISAN
¥7,480(2024/06/12 11:24:29時点 Amazon調べ-詳細)

関連記事:G240/G440/G640のマウスパッドの違いやどれがおすすめか紹介!

SteelSeries QcK マウスパッド

おすすめのマウスパッド3つ目は、SteelSeries QcKのソフトタイプのマウスパッドです。

価格が2100円程度のマウスパッドで、サイズは(縦x横x高さ)=40 x 45 x 0.2 cmとなっています。

このマウスパッドは使いやすいだけでなく、値段も安いマウスパッドとなっています。

そのため、他のマウスパッドと比べて買い変えるハードルが低く、ゲームのプレイ時間や仕事などでマウスパッドを磨耗しやすい人に特におすすめのマウスパッドとなっています。

関連記事:SteelSeries QcKとQcK Heavyの違いを解説

BenQ Zowie G-SR マウスパッド

おすすめのマウスパッドの4つ目は、BenQ ZowieのG-SRのマウスパッドです。

このマウスパッドは価格が7000円程度のマウスパッドで、サイズは(縦x横x高さ)=39 x 47 x 0.3 cmとなっています。

私は滑りやすさや止めやすさなどの使用感はこのマウスパッドが好みでした。

しかし、私は長時間のゲームや仕事などで1日中マウスパッドを使うこともあり、買い替え頻度が高すぎて経済的な理由で今はこのマウスパッドを使えていません。。。

値段を考えると頻繁にマウスパッドを買い変えるつもりはない人には特におすすめのマウスパッドになっています。ただ、なり使いやすいので、金銭的に余裕があれば買ってみることをおすすめします。

created by Rinker
ベンキュージャパン
¥3,480(2024/06/12 11:24:29時点 Amazon調べ-詳細)

ハードタイプのマウスパッドのおすすめ

SkyPAD 3.0 XLマウスパッド

おすすめのマウスパッドの5つ目は、SkyPADのマウスパッドです。

素材がガラス製なので値段が高いですが、Amazonでもかなり評価の高いマウスパッドです。また、サイズも大きく、ハイセンシだけでなくローセンシの人でも問題なく使うことができます。

値段が高い以外は文句なしのマウスパッドなので、ハードタイプのマウスパッドを使うならこのマウスパッドが1番おすすめです!

Logicool G440t マウスパッド

おすすめのマウスパッドの6つ目は、ゲーミングマウスパッドのハードタイプで定番のLogicool G440tです。

このマウスパッドは価格が3100円程度のマウスパッドで、サイズは(縦x横x高さ)=28 x 34 x 0.3 cmとなっています。

特徴はハードタイプは比較的値段が高くなりますが、このマウスパッドは値段がソフトタイプと同じくらいのコスパの良いマウスパッドになります。

ハードタイプのマウスパッドなので、マウスとマウスパッドの表面との摩擦が少なく、とても滑りやすいです。

この商品はLogicoolの製品であるため、Logicoolのゲーミングマウスを使っている人には特におすすめできるマウスパッドとなっています。

関連記事:G240/G440/G640のマウスパッドの違いやおすすめを紹介!

SteelSeries QcK Hard マウスパッド

おすすめのマウスパッドの7つ目は、SteelSeries QcKのハードタイプです。

このマウスパッドは価格が2800円程度のマウスパッドで、サイズは(縦x横x高さ)=27 x 32 x 0.3 cmとなっています。

SteelSeriesのゲーミングマウスパッドはどれもコスパが良く、このマウスパッドも使いやすく値段も安いハードタイプのマウスパッドです

amazonでの評価もよく、ハードタイプを試してみたいならこのマウスパッドといえます。

スポンサーリンク

Logicool G640/G640r/G640sの違いまとめ

本記事では、Logicool G640・G640r・G640sのそれぞれのゲーミングマウスパッドの違いを詳しく解説します。

参考になれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました