【リケーブル用】おすすめのMMCX対応ケーブルを紹介!マイク付きも

※当サイトはプロモーションが含まれています

イヤホン

長期間イヤホンを使うとMMCXケーブルの調子が悪くなり、音が聞こえなくなってしまうことがあります。

このような場合、ケーブルの交換(リケーブル)をすることで再度音が聞こえるようになる可能性があります。ケーブルの交換は簡単にできるので、イヤホンの調子が悪くなったらすぐに交換することがおすすめです。

本記事では、 MMCXに互換性のあるおすすめの交換用ケーブルを紹介します。

スポンサーリンク

おすすめの交換用MMCX対応ケーブルを紹介

おすすめの交換用MMCX対応ケーブルは下記になります。

このケーブルは価格が少し高いですがMMCX交換ケーブルの中でも音質が非常に良く、ケーブルの調子が悪くなった時におすすめです。

MMCXイヤホンにはデフォルトでマイクが付いていないことがあります。この場合、マイク付きのケーブルに変えると利便性が上がります。

もしMMCX対応のマイク付きのケーブルを探している場合は下記のケーブルにリケーブルすることがおすすめです。ただし、音質を求める場合は先ほどのMMCX対応ケーブルが良いです。

スポンサーリンク

MMCX対応ケーブルを交換するときにおすすめのグッズ

MMCX対応ケーブルを取り外す時、力を入れても中々外れないことがあります。そのため、ケーブルを取り外すためのグッズを使うことがおすすめです。

交換時にケーブルが硬いと爪を痛める可能性があるため注意が必要です。

下記のグッズを使うとMMCX対応ケーブルを簡単に外すことができ、ストレスなくコード交換を行うことができておすすめです。

スポンサーリンク

交換用MMCX対応ケーブルのおすすめの選び方

コネクタの種類

MMCX

MMCX対応ケーブルは360度回転することができ、耐久性と接続の安定性に優れています。多くの高品質なイヤホンで採用されており、ケーブルの取り換えやカスタマイズが容易です。

2ピン

2ピン接続はコネクタがイヤホンに直接挿入される形式です。MMCXに比べて物理的な接続がシンプルでしっかりと固定されますが、MMCXほど頻繁に取り外しを行うと耐久性に影響が出る場合があります。

MMCX規格のケーブルに2ピン用のケーブルを挿そうとしても変換器が必要なため、間違えずにMMCX対応のケーブルを買う必要があります。

ケーブルの材質

無酸素銅(OFC)

無酸素銅は、銅中の酸素含有量を極限まで減少させた高純度の銅です。酸素含有量が少ないことで銅の結晶が大きく電気抵抗が低くなります。これにより、信号の損失が少なくなってクリアな音を伝えてくれます。

温かみのある音質で特に中低域の音をしっかりと伝え、バランスの取れた音が特徴的です。比較的手頃な価格で、一般的なイヤホンケーブルに多く使用されています。

銀メッキ銅(SPC)

銀は銅よりも電気伝導性が高いため、細かい音や高域がクリアに聞こえます。より解像度の高い音質と広がりのある音を伝えてくれます。特に高域のクリアさが増し、細かい音のも捉えやすくなります。

無酸素銅のケーブルより価格が高めですが、純銀に比べれば手頃な価格帯です。

純銀

純銀は電気伝導率が最も高い材質で、音の信号を効率的に伝えることができます。これにより、音質の解像度が非常に高く、細部までクリアに再現することが可能になります。

価格は高価であり、音にこだわる人にはかなりおすすめの材質になります。

ケーブルの長さと太さ

MMCX対応ケーブルの長さは用途に合わせて選ぶことがおすすめです。長すぎると取り回しが不便になりますが、短すぎると使用時に邪魔になってしまうこともあります。

ケーブルの太さはケーブルの耐久性に関わります。太いケーブルは頑丈ですが、取り回しが悪くなるため気をつけて選ぶ必要があります。

リモコンやマイクの有無

MMCXのイヤホンで通話や音楽の再生・停止など操作を快適にするために、リモコンやマイクが組み込まれたケーブルが便利です。自分の欲しい機能がついたケーブルを選ぶことがおすすめです。

価格

MMCX対応ケーブルの材質はブランドや素材で大きく異なります。価格については、使用目的や予算に合わせて最適なものを選ぶことが重要です。

スポンサーリンク

まとめ

本記事では、MMCXに互換性のあるおすすめの交換用ケーブルを紹介しました。

参考になれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました