Drunkdeer A75レビュー!ラピッドトリガー搭載でVALORANTにおすすめ

※当サイトはプロモーションが含まれています

キーボード

Drunkdeer A75は高性能なゲーミングキーボードです。特に高速な反応速度が求められるVALORANTのようなゲームにおいて、このキーボードの性能は十分に発揮されます。

Drunkdeer A75の最大の特徴は「ラピッドトリガー」機能になります。この機能により、キーを軽くタッチするだけで高速な入力が可能となり、ゲーム内での反応速度を格段に向上させることができます。

本記事では、Drunkdeer A75のレビューとVALORANTでの使用感について紹介します。

スポンサーリンク

Drunkdeer A75レビュー

drunkdeer a75キーボード

結論から言うとDrunkdeer A75はかなりおすすめのゲーミングキーボードです。このキーボードは「ラピッドトリガー」技術を搭載しており、従来のメカニカルキーボードよりも高速な入力を可能にしてくれます

私は普段Logicool G913を使っていましたが、今回購入したDrunkdeer A75でゲームをプレイするとゲーム内での操作感が一変しました。

特にDrunkdeerで初めてVALORANTをプレイした際は、ストッピングの反応が早すぎて違和感を感じた程です。現在ではG913に戻すと逆に違和感を感じて、Drunkdeerが手放せません。

関連記事:ラピッドトリガー対応のキーボードおすすめ3選!Wootingが最強?

スポンサーリンク

Drunkdeer A75の内容物

Drunkdeer A75にはキーボードの他にキーキャップを外すためのツールと接続ケーブル、いくつかのキーキャップが付属しています。

キーキャップの取り外しグッズが付属されていることは、キーキャップが簡単に交換できるため非常に助かりますね。

スポンサーリンク

Drunkdeer A75の価格

Drunkdeer A75は2万円程度で販売されています。一見すると価格が高いように見えますが、ラピッドトリガー機能が搭載されていることを考慮すると非常にコストパフォーマンスが良いゲーミングキーボードです。

他のラピッドトリガー搭載のゲーミングキーボードは3万円以上することも多いです。そのため、ラピッドトリガー搭載のキーボードでこの価格は破格といっても過言ではないです。

スポンサーリンク

Drunkdeer A75の打鍵感

Drunkdeer A75は打鍵感も非常に良いゲーミングキーボードです。そのため、長時間のゲームでも快適に使用できます。

また、Drunkdeer A75のラピッドトリガー機能によってほとんど力を入れずに入力することができるため、ゲームだけでなく普段使いにもおすすめです。

スポンサーリンク

Drunkdeer A75のソフトウェア

Drunkdeer A75には、キーボードの設定とカスタマイズを容易にする専用ソフトウェアが付属しています。このソフトウェアを使用することで、ラピッドトリガー機能の調整などが可能となります。

それぞれのキーごとに個別でアクチュエーションポイントを設定でき、誰でも簡単にキーボードをカスタマイズすることができます。

スポンサーリンク

Drunkdeer A75はVALORANTにおすすめ?

Drunkdeer A75は高速な応答速度が必要であるFPSに非常に向いています。特にストッピングが必要なVALORANTは使うだけで操作性が大きく変わります。

冒頭で述べた通り、最初にDrunkdeer A75に変えた時はキーボード操作がすぐに反映されて驚くほど変わりました。そのため、VALORANTをプレイしている人には絶対におすすめです。

スポンサーリンク

Drunkdeer A75のラピッドトリガーとは

ラピッドトリガーとは、キーを押し込んだ時と離した時の判定値を設定できる機能のことです。

これまでのキーボードでは「A」というキーを押した時に特定の箇所まで押し込むと押した判定になり、キーを離した時は特定の箇所まで戻ると離した判定になります。

ラピッドトリガーが搭載されたキーボードはこの判定の位置を変えることができるため、キーを押したり離したりするとすぐに判定が切り替わるため、より早い操作が可能になります。

特にCSGOやValorantなどのストッピングが必要なゲームでは、キーの押し込み判定が重要になるのでラピッドトリガーは必須級の性能です。

関連記事:VALORANTにおすすめのマウスソールを紹介!選び方についても解説

スポンサーリンク

まとめ

本記事では、Drunkdeer A75のレビューとVALORANTでの使用感について紹介しました。

参考になれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました