Logicoolキーボードに互換性があるキーキャップを紹介!交換方法も解説

※当サイトはプロモーションが含まれています

キーボード

Logicoolのキーボードは高性能で、多くの種類のキーボードがあります。

現在、私はLogicoolのキーボードを使っていますが、半年経たずにキーキャップが禿げてしまいました。ただ、キーキャップは簡単に交換できるので、禿げたらすぐに交換することがおすすめです。

本記事では、Logicoolのキーボードに互換性のあるおすすめのキーキャップを紹介し、キーキャップの交換方法も解説しています。

スポンサーリンク

Logicoolにおすすめのキーキャップを紹介

キーボードのスイッチをチェックしてから買うべき

Logicoolには2種類のスイッチがあり、Romer-GとGXスイッチがあります。

スイッチの見分け方はキーキャップを外した時のスイッチ(キーボードに付いているもの)が下記のような+の形状をしている場合はGXスイッチです。この形状のスイッチはCherry MXに互換性のあるキーキャップが使えます。

上記の形状でない場合はほとんどがRomer-Gスイッチでキーボードごとにキーキャップを検索して、交換することをおすすめします。G913などがこれに当たります

GXスイッチ(スイッチが十字)

Logicoolのキーボードで、スイッチが十字の場合はCherry MXに互換性があるため、多くのキーキャップを使うことができます。具体的にはGPRO Xなどが該当します。

FPSやTPSをプレイする人にはWASDのキーキャップもおすすめです。全てのキーキャップを変えたい場合は日本語配列や英語配列によってエンターキーなどの形状が異なるため注意が必要です。

関連記事:【FPSにも!】キーキャップのおすすめを紹介!WASDバラ売りも紹介

Romer-G(スイッチが十字以外)

Logicoolのキーボードで、スイッチが十字ではないRomer-Gスイッチの場合は、自分のキーボード名+キーキャップで検索してキーボードに合うキーキャップを探すことをおすすめします。

具体的にはLogicool G913を使っている人は「G913 キーキャップ」等でオンラインショップで検索して選ぶことがおすすめです。

Romer-GはCherry MXと比較して一般的でないので、キーボードに次第ではキーキャップの選択肢が少ない場合があります。

関連記事:G913に互換性があるおすすめキーキャップを紹介!外し方も解説

スポンサーリンク

Logicoolキーキャップの外し方

Logicoolのキーキャップを外し方は、キーボードのカスタマイズやメンテナンスに重要になります。まず、キーキャップを変える際には専用の道具を用意することをおすすめします。

これはキーキャップを安全かつ効率的に外すために設計されており、プラスチックか金属製でできています。この道具を使う場合、工具の爪をキーキャップの下にしっかりと挿入し、キーキャップの両側を掴むようにします。

その後、ゆっくりと上向きに力を加え、キーキャップをキースイッチから引き上げます。こうすることで簡単にキーキャップが外せるようになります。

スポンサーリンク

Logicool向けキーキャップの選び方

素材で選ぶ

キーキャップの素材はABSとPBTであることが多いです。

ABS素材はつるつるで価格は安いことが特徴です。そのため、価格を安く抑えたい人におすすめです。PBT素材のキーキャップは少し高価ですが、摩擦に強くて文字が消えにくいなどの特徴があります。

ばら売りか全キーセットか

キーキャップは、それぞれのキーをばらで売っているか全てのキーのセットで売っているかの2種類あります。

ばら売りは劣化したキーのみを変えることができるため、文字が摩擦で消えてしまったキーキャップのみを変えることができます。

全キーセットで売っているものは、キーボード全体の統一感を保ちつつキーキャップの変更できるというメリットがあります。

自分のキーボードに対応しているか

LogicoolのキーボードにはRomer-GとGXスイッチの2種類があります。

LogicoolのRomer-Gスイッチは一般的なキーキャップが付けられず、専用のキーキャップが必要です。GXスイッチは市販のCherry MXに互換性があり多くのキーキャップから選ぶことができます。

キーボードによってキーキャップの大きさが異なるものもあるため、キーキャップを交換する際は気を付ける必要があります。

また、日本語配列かUS配列かでエンタキーなどの大きさが異なるため、注意が必要です。配列が異なるキーキャップを選ぶと付けれないキーがあり、デザイン性が悪くなる可能性があります。

形状で選ぶ

キーキャップの形状は表面がわずかに湾曲していて、指がキーの中央に自然に収まるように設計されているものが多いです。この形状は一般的で、多くののメカニカルキーボードやメンブレンキーボードに使用されています。

平面形状のキーキャップは、表面が平らで、高さが全てのキーで均一です。タイピングに慣れている人や、キーボードの見た目をシンプルに保ちたい場合に適しています。ただし、長時間の使用には向いていないことがあります。

スポンサーリンク

まとめ

本記事では、Logicoolに互換性のあるおすすめのキーキャップを紹介し、キーキャップの外し方・交換方法も解説しました。

参考になれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました