【徹底解説】ゲーム中におすすめの運動やダイエット方法!メリット・デメリットも紹介

※当サイトはプロモーションが含まれています

ゲームに関する悩み
Amazon毎日お得なタイムセール祭り開催中!
Amazonタイムセールで、見逃せない特価商品をゲットしよう!
↓ ↓ ↓

多くの人がゲームに没頭したい気持ちと、健康的なライフスタイルを維持したいと悩むことがあります。

この記事では、ゲームしながら運動やダイエット、筋トレを取り入れる方法やそのメリットとデメリットを詳しくお伝えします。

スポンサーリンク

ゲームしながらできる運動やダイエットを紹介

バランスボールを椅子の代わりに使う

ゲームをしながら運動やダイエットに取り組む方法として、バランスボールの使用がおすすめです。

バランスボールは、大きなエクササイズボールのことで座るだけで体幹を鍛える効果があります。

バランスボールに座ってゲームをプレイすることで、長時間座っている間でも無意識に筋肉に適度な刺激を与えることが可能です。

さらに、バランスボールに座ることで姿勢も自然と良くなります。

椅子に座っているとどうしても猫背になってしまいがちですが、バランスボールではそのようなことが少なく、長時間のゲームプレイでも疲れにくい体勢を保つことができます。

ステッパーは単調作業やダイエットにおすすめ

ゲームを楽しみながらも運動不足やダイエットに気を使いたいという人たちにとって、ステッパーの活用が非常に効果的です。

ステッパーは場所を取らず、手軽に始められる運動器具で、家庭やオフィス、さらにはゲーミングスペースに簡単に置くことができます。

ゲームをプレイする時、多くの人が座りっぱなしで長時間過ごすことが一般的です。

しかし、ステッパーを使いながらRPGやシミュレーションゲームのレベル上げなどの単調作業を行うことで運動とゲームを両立できます。

EMSベルト:座りながら筋肉に刺激を与えよう

EMS(Electrical Muscle Stimulation)ベルトはゲームをしながら筋肉を刺激したいと考えている人にとっておすすめのアイテムです。

このベルトは電気刺激を用いて筋肉を収縮させることで、筋肉に刺激を入れることができるため、座ったまま長時間ゲームをする人に向いています。

ただし、EMSベルトはあくまで補助的な運動手段であり、基本的な運動やストレッチ、バランスの取れた食事と併用することで、最大の効果を発揮します。

そのため、EMSベルトを使ったからと言って痩せるわけではないので注意が必要です。

【2023新登場】 EMS 腹筋ベルト 強力モード 筋トレ 液晶表示 USB充電式 6種類モード 9段階強度調整可能 男女兼用 日本語説明書 (ブラック)
VAVACO

ダンベル:隙間時間に筋トレ!

ゲームを楽しみつつ健康維持やダイエットもしたいと考えている人々に、ダンベルを活用する方法も効果的です。

ゲームのローディング時間、キャラクターが復活するまでの待ち時間など隙間時間を利用して、ダンベルで腕や肩の筋トレを行うことができます。

また、操作しているキャラクターがやられた時などの罰ゲームとして筋トレ10回などといったようにゲーム中に取り入れることもおすすめです。

座りながらできる内転筋トレーニング

ゲームで座りながらでも運動やダイエットを実践したいという方におすすめは内転筋のトレーニングです。

特に、内転筋(太ももの内側の筋肉)を鍛えたいという方にとって、内転筋トレーニングの器機を足で挟んで使う方法が効果的です。

内転筋は歩行や立ち姿勢の安定に大いに寄与する筋肉ですが、一般的な日常生活ではなかなか鍛えにくい部分です。

この方法は手を使わない運動であるため、ゲーム操作には影響を与えずゲーム中にも問題なく運動を行うことができます。

ゲーム自体が運動になるもの

最近はゲーム自体が運動になるということもあります。

特にVR(仮想現実)やAR(拡張現実)を利用したゲーム、動きをセンサーで捉えるゲーム、あるいはスマートフォンを使用した位置情報ベースのゲームなどがあります。

このようなゲームは、ただ座ってコントローラーを操作するだけでなく、体を動かすことがゲームプレイの中心になります。

例えば、VRを使った格闘ゲームでは、実際にプレイヤー自身がパンチやキックを行い、それがゲーム内のアクションとして反映されます。

また、位置情報ベースのゲームでは、特定の場所に物理的に移動する必要があります。この移動が歩行や走行につながり、結果として運動になります。

created by Rinker
任天堂
¥7,473(2024/07/19 16:06:51時点 Amazon調べ-詳細)

スクワットはレベル上げ中や隙間時間におすすめ

ゲームをしながら運動やダイエットに取り組む方法として、スクワットをすることもおすすめです。

スクワットを取り入れることで、ゲームの楽しさを維持しつつ、同時に体を動かすことができます。

スクワットは下半身を中心に全身の筋肉を効率よく鍛える運動であり、特にゲームをプレイする際に多くの時間を座った状態で過ごす人々にとって、非常に有用です。

ゲーム内でのローディング時間や一時停止中、または単純にゲーム内での待機時間など、短い時間を有効活用してスクワットを行うことができます。

スポンサーリンク

ゲーム中に運動やダイエットをするメリット

時間効率の向上

忙しい日常生活で運動やダイエットに時間を割くのは困難な場合が多いですが、ゲームをしながら運動することで、時間を効率的に使うことができます。

ゲームのローディング時間やマッチの待ち時間などに、短い運動時間を挟むことで、一日の総運動時間を確保することが可能になります。

長時間座りっぱなしの健康リスク軽減

ゲームを長時間することで問題となる運動不足や、姿勢の悪化、眼精疲労などの健康リスクを、運動を取り入れることで軽減することができます。

心理的効果

ゲームは即時の報酬が得られるため、運動やダイエットの長期的な報酬と組み合わせることで、総合的な満足度高くなることがあります

ゲームで成功体験を得ることで、運動やダイエットに対するモチベーションも高まる可能性があります。

運動のバリエーションと工夫

例えば、ゲーム内で特定の目標を達成したらスクワットをする、ゲームで敗北したらダンベルで筋トレをするなど、運動のルーチンにバリエーションを持たせることができます。

これはかなりおすすめで、運動が単調になるのを防ぎ、挫折のリスクを減らすことができます。

ゲーム自体が運動になるケースも

最後に、VRゲームやフィットネスゲーム、ダンスゲームなど、ゲーム自体が運動になる場合もあります。

これらは楽しみながら高い運動効果を得ることができ、特にダイエットや運動が苦手な人にとっては大きな魅力と言えるでしょう。

最近の運動ゲームは面白いものが増えてきて、ゲームの完成度が高いためおすすめです。

スポンサーリンク

ゲーム中に運動やダイエットをするデメリット

集中力の分散

ゲームと運動はそれぞれ高い集中力を要求します。両方を同時に行うことで、どちらか一方、または両方に対する集中力が散漫になる可能性があります。

例えば、ゲームで戦略を練る必要がある場面で運動をしていると、思考が運動に向かい、戦略的なミスをする可能性が高くなります。

効果の低下

高い運動効果やゲームパフォーマンスを求める場合、両方を同時に行うことはおすすめできません。単純な運動でも、正確なフォームと高い集中力が求められます。

運動とゲームを同時に行うことで、効果的なトレーニングやゲームスキルの向上が妨げられる可能性があります。

ケガや健康リスク

特に運動においては、フォームが乱れることでケガのリスクが高まります。

また、長時間のゲームプレイによる眼精疲労や姿勢の悪化といった健康リスクも考慮しなければなりません。

ゲームの楽しみの減少

ゲームは主に楽しみやストレス解消のためにプレイされますが、運動を取り入れることでその楽しみが半減する可能性があります。

特に、運動が義務感として捉えられるようになると、ゲームの楽しみが失われる可能性があります。

疲労の蓄積

ゲームも運動も疲労を生む活動です。両方を長時間続けることで、過度な疲労が蓄積し、それが日常生活や健康に悪影響を及ぼす可能性があります。

特にFPSなどのゲームをしながらだと筋肉の疲労でエイムが合わなくなることがあります。

運動環境の制限

家でゲームをプレイしながら運動をする場合、運動に必要なスペースや機器が限られる可能性があります。

これが運動の種類や質に影響を与え、効果的なダイエットや筋トレが困難になることもあります。

費用の増加

ゲーム中の運動に特定の機器を必要とする場合、その費用も考慮する必要があります。

これがゲームの楽しみを得るための費用と重なると負担が大きくなる可能性があります。

スポンサーリンク

まとめ

この記事では、ゲームしながら運動やダイエット、筋トレを取り入れられる方法やそのメリットとデメリットを解説しました。

参考になれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました