【テンキーは必要?】テンキーレス(TKL)キーボードのおすすめ3選!

※当サイトはプロモーションが含まれています

キーボード

ゲーミングキーボードは、PCゲームを操作する際に重要な入力デバイスのひとつです。そのため、多種多様な機能やデザイン、サイズのキーボードが市場に出回っています。

多種多様のキーボードがあるため、キーボードを購入しようと思った時に何を選べば良いか悩みますよね。

本記事では、キーボードのテンキーレスのメリット・デメリットを紹介します。また、おすすめのTKLのゲーミングキーボードも紹介しています。

テンキーレスのゲーミングキーボードおすすめ3選

Logicool G913 テンキーレス キーボード

Logicool G913 テンキーレスは、コンパクトなデザインと高性能な機能が魅力のワイヤレスゲーミングキーボードです。テンキーレス(TKL)デザインで省スペースを実現し、デスク上での操作スペースが広がります。

また、優れたレスポンス性と高速なキー入力を提供するロジクールのLIGHTSPEEDワイヤレス技術を搭載しています。

Logicool G913 テンキーレスは、リニアやクリッキー、タクタイルなど様々な軸があるため、自分に合ったものを見つけやすいです。

私はクリッキーの押し心地が好きで、G913(テンキーレス)のクリッキーを使っています。とても押し心地が良く、快適にゲームをプレイできるためかなりおすすめです。

Logicool G PRO X テンキーレス ゲーミングキーボード

Logicool G PRO X テンキーレスは、プロゲーマーやeスポーツ競技者に向けた高性能なテンキーレス(TKL)ゲーミングキーボードです

コンパクトなデザインにより、デスク上でのマウス操作スペースが広がり、持ち運びにも便利です。

このキーボードは、ユーザーが好みに合わせて選べるロジクールの独自設計であるGXスイッチを採用しています。

GXスイッチの軸は、青、茶、赤、銀など、さまざまな種類があり、各スイッチの特性に応じた高速で正確なキー入力が実現できます。

Razer DeathStalker V2 Pro テンキーレス

Razer DeathStalker V2 Pro テンキーレスは、ゲーマー向けに開発された高性能なテンキーレス(TKL)ゲーミングキーボードです。

Razer Synapse ソフトウェアを使用して、様々なキーの設定を行うことができます。これにより、自分好みのゲームプレイや作業環境に合わせたカスタマイズが可能です。

Razer DeathStalker V2 Proテンキーレスは、高いパフォーマンスと優れたカスタマイズ性を兼ね備えたおすすめのキーボードです。

ゲーミングキーボードのテンキーレスとは

テンキーレスは通常のフルサイズのキーボードからテンキー部分を取り除いたデザインで、よりコンパクトな形状となっています。

TKLと呼ばれることもあり、テンキーレスが省略された呼び方になります。

テンキーレスのキーボードは、デスクスペースを節約したい場合や、マウスとの距離を調整して快適に操作したい場合に選ばれることが多いです。

ゲーム用にはテンキーレスのゲーミングキーボードはかなり人気があります。

テンキーレスキーボードのメリット・デメリット

テンキーレスキーボードのメリット

省スペース設計

テンキーレスキーボードの最大のメリットは、デスクスペースを節約できることです。

テンキーが省略されたことにより、キーボードがコンパクトになり、デスク上での作業やゲームが快適に行えます。特に、狭いオフィスや家庭環境での使用に適しています。

操作性の向上

テンキーレスキーボードは、左右の手の距離を縮めることができるため、より自然な姿勢でキーボード操作が可能になります

これにより、長時間の作業やゲームでも手首や肩への負担が軽減され、疲労感が減少する効果を期待できます。

集中力の向上

テンキーレスキーボードは、必要なキーのみに焦点を当てることができます。

これにより、余計なキーが目に入らないため、集中力が向上し、作業効率やゲームプレイのパフォーマンスが向上することが期待できます。

持ち運びの容易さ

テンキーレスキーボードは、軽量でコンパクトなため、持ち運びが容易です。外出先での作業やゲームなど、様々な場所での使用に適しています。

TKLキーボードのデメリット

数字が入力しにくい

TKLキーボードの最も明確なデメリットは、テンキーがないため数字が打ちにくいことです。

テンキーは、数字を入力する作業において重要な役割を果たしており、そのような業務を仕事や勉強で頻繁に行う人にとっては不便です。

そのため、テンキーを頻繁に使用する人は、フルサイズキーボードの方が適している場合があります。

機能キーの削減

一部のテンキーレスキーボードは、テンキー以外にも機能キーの数が削減されていることがあります

これにより、特定のショートカットキーやマクロキーを利用したい場合に不便を感じることがあります。

しかし、多くのTKLキーボードでは、ファンクションキーを組み合わせることでこれらの機能にアクセスできるため、問題ない場合も多いです。

価格が高い場合もある

一部の高品質なTKLキーボードは、フルサイズキーボードに比べて価格が高い場合があります。そのため、予算が限られている場合は、コスト面でデメリットと感じることがあります。

テンキーの別売り購入をする必要がある

テンキーレスキーボードを使用するものの、テンキーが必要な場合には、別売りのテンキーを購入する必要があります

そのため、追加のコストが発生し、デスク上にさらなるスペースが必要になることがあります。ただし、別売りのテンキーは取り外しが可能なため、必要なときだけ使用できるという利点もあります。

おすすめのテンキーレス(TKL)キーボードのまとめ

本記事では、キーボードのテンキーレスのメリット・デメリットを紹介します。また、おすすめのTKLのゲーミングキーボードも紹介しました。

ぜひ参考にしてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました