【徹底解説】マウスパッドのおすすめの大きさは?ゲームで使いやすいサイズを紹介

※当サイトはプロモーションが含まれています

マウスパッド

マウスパッドのサイズはどれくらいが良いか知っていますか?私は10年以上FPSをやっていて、マウスパッドの大きさについてよく聞かれます。

FPSゲームを快適にプレイするためには、マウスパッドの大きさが重要な要素になります。

適切なサイズを選ぶことで、緻密なエイムやスムーズな動きが可能となり、ゲームのパフォーマンス向上につながります。

本記事では、ゲームで使うマウスパッドの大きさはどれが良いかや大きさ別のおすすめマウスパッドを紹介しています。

FPSで使うマウスパッドのサイズは大事

APEXやVALORANTなどのFPSゲームでは敵に弾を当てることが大事であり、エイムの正確性がとても重要になります。

そのため、マウスをできる限り正確に操作できる環境を整えることが大事です。

マウスパッドはマウスの滑りに直接影響を与えるため、自分が最高のパフォーマンスを出すために大きな役割を果たします。

適切なサイズのマウスパッドを選ぶことで、マウスの操作をスムーズに行うことができ、エイムの正確性が向上します。

マウスパッドのサイズの違いと特徴を紹介

Sサイズのマウスパッドの大きさと特徴

マウスパッドのSサイズはおおよそ「250 x 210 mm」くらいの大きさで、机の上のスペースが少ない場合や持ち運びに便利な特徴があります

高感度でプレイするハイセンシのプレイヤーや、限られたスペースでのゲームプレイに適しています。

Sサイズのマウスパッドの主な特徴は、そのコンパクトさです。

小さいデスクやノートパソコンを使用する場合、大きなマウスパッドは邪魔になることがありますが、Sサイズのマウスパッドはスペースを取らず、狭い環境でも使いやすいです。

また、持ち運びが容易なため、外出先や友人宅でのゲームプレイにも適しています。

Sサイズのマウスパッドには、さまざまな素材や厚みがあります。ハード素材やソフト素材、薄型や厚型など、プレイヤーの好みやプレイスタイルに応じて選ぶことができます。

しかし、マウスパッドのサイズが小さいので、マウスを動かせる幅が小さく、ハイセンシ以外の感度にしたい人には不向きとなります。

関連記事:FPSでハイセンシの人におすすめのマウスパッド5選

Mサイズのマウスパッドの大きさと特徴

Mサイズのマウスパッドはおおよそ「320 x 270 mm」くらいの大きさです。

多くの人に適した大きさであり、広いマウスの動きが可能でありですが、机のスペースも過度に占有しません。

Mサイズのマウスパッドは、素材や厚みの面でも多様な選択肢があります。

滑りやすいハード素材や抵抗感があるソフト素材、高速な動きを追求する薄型や手応えのある厚型など、好みに応じて選ぶことができます。

そのため、自分のプレイスタイルや手のサイズ、マウスの重さに合わせて、最適な素材と厚みを見つけやすいです。

Mサイズのマウスパッドの特徴は、一般的な机の上のスペースに対応し、ミドルセンシの人までならある程度快適にプレイすることができるようになります。

Lサイズのマウスパッドの大きさと特徴

マウスパッドのLサイズはおおよそ「450 x 400 mm」くらいの大きさです。

低感度でプレイするローセンシのプレイヤーにおすすめで、緻密なエイムとスムーズな動きが求められるFPSゲームに特に適しています。

Lサイズのマウスパッドには、さまざまな厚みがあります。薄型や厚型など、プレイヤーの好みやプレイスタイルに応じて選ぶことができます。

ただし、Lサイズのマウスパッドを使用するには、デスクスペースが十分に確保されている必要があります

デスクが狭い場合や、他のアイテムを置くスペースが必要な場合は、Lサイズのマウスパッドがデスク環境に合わないことがあります。

関連記事:FPSでローセンシの人におすすめのマウスパッド5選

XLサイズのマウスパッドの大きさと特徴

マウスパッドのXLサイズはおおよそ「900 x 400 mm」くらいの大きさです。

ただし、メーカーによってサイズは異なり、XLと表記されていても他のメーカーのLサイズより少し大きいくらいのものがあるため、注意が必要です。

XLサイズのマウスパッドの特徴は、キーボードとマウスの両方を乗せられるほどの大きさがあり、キーボードで机が傷つくことを防止できます。

また、低感度設定のローセンシプレイヤーでもマウスの動きに制限がほとんどなく、快適にプレイすることができます。

しかし、大型の机のスペースが必要であり、価格も高いマウスパッドが多いです。

FPSゲーマーにおすすめのマウスパッドサイズ

FPSゲーマーには、主にLサイズとXLサイズのマウスパッドがおすすめです。

これらのサイズは、マウスパッドのサイズでマウスの動きが妨害されることがなくなるため、ローセンシのプレイヤーにも適しています。

現在、感度が高いハイセンシやミドルセンシのプレイヤーが感度を変えたいとき、わざわざマウスパッドを変える必要がなく、様々な感度を試すことができます。

しかし、自分の机のスペースが空いてなければ置くことができないので、自分のスペースに合ったものを選ぶようにするのがおすすめです。

関連記事:【徹底解説】マウスパッドの寿命や交換頻度は?買い替えるメリットについても紹介

FPSゲーマーにおすすめのマウスパッド5選

私のおすすめのマウスパッドのサイズは、基本的にLサイズかXLサイズのマウスパッドがおすすめです。

それか、頻繁に買い替えることができる価格帯のマウスパッドがおすすめです

頻繁にマウスパッドを買い替えることができれば、滑りやすさを一定に保つことができるためです。

ハヤテ 甲 XSOFT XL マウスパッド

ARTISANのハヤテ 甲 XSOFT XLはソフトタイプのマウスパッドで、ソフトタイプのマウスパッドの中で1番おすすめのマウスパッドになります。

このマウスパッドのサイズは(縦x横x高さ)=42 x 49 x 0.4 cmとなっています。

今回紹介するマウスパッドの中で一番高額なマウスパッドですが、かなり止めやすいマウスパッドです。

もし余裕があれば、一度は試してみることをおすすめするマウスパッドです。

created by Rinker
ARTISAN
¥7,370(2024/05/22 06:49:09時点 Amazon調べ-詳細)

Logicool G640 マウスパッド

Logicool G640はソフトタイプのマウスパッドで、サイズは(縦x横x高さ)=40 x 46 x 0.3 cmとなっています。

プロの方なども使用していて、とても評判の良いマウスパッドです。

価格もあまり高くなく、数ヶ月に一回であれば買い換えることも容易な金額なので、滑り具合を一定に保ちやすいマウスパッドとなっています。

個人的にかなりおすすめマウスパッドで、コスパが最強のマウスパッドになります!

SteelSeries QcK マウスパッド

SteelSeries QcKのソフトタイプのマウスパッドです。

このマウスパッドのサイズは(縦x横x高さ)=40 x 45 x 0.2 cmとなっています。

このマウスパッドは使いやすいだけでなく、値段も安いマウスパッドとなっています。

そのため、他のマウスパッドと比べて買い変えるハードルが低く、ゲームのプレイ時間や仕事などでマウスパッドを磨耗しやすい人に特におすすめのマウスパッドとなっています。

BenQ Zowie G-SR マウスパッド

BenQ ZowieのG-SRはソフトタイプのマウスパッドです。

このマウスパッドのサイズは(縦x横x高さ)=39 x 47 x 0.3 cmとなっています。

かなり止めやすいマウスパッドなので、エイムの正確さを求める人におすすめになります。

created by Rinker
ベンキュージャパン
¥6,400(2024/05/22 08:26:13時点 Amazon調べ-詳細)

Logicool G840 マウスパッド

Logicool G840はソフトタイプのマウスパッドです。このマウスパッドのサイズは(縦x横x高さ)=40 x 90 x 0.3 cmとなります。

かなり大きいマウスパッドなので、かなりのローセンシの人でもマウスパッドからマウスが飛び出ることはないはずです。

他にも横幅が長いため、キーボードの下にマウスパッドを敷くことができ、机の表面がキーボードで傷つく可能性を減らせます。

また、普段使っている箇所が摩耗してきたら使っていない箇所に変えることができます。

大きいサイズに慣れていない人は違和感を感じるかもしれませんが、とても良いマウスパッドなのでおすすめです。

マウスパッドのおすすめの大きさまとめ

本記事では、FPSゲーマーに最適なマウスパッドのサイズについて解説し、机のスペースやプレイスタイルに応じたおすすめのマウスパッドを紹介しました。

LサイズやXLサイズくらいの大きいものが感度を変えることを考えると良いので、机のスペースに余裕があればおすすめです。

この記事が参考になれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました