【プロも使う!!】ハイセンシ向けマウスパッドのおすすめ5選!高感度でも使いやすい

※当サイトはプロモーションが含まれています

マウスパッド

ハイセンシの人はマウスが少しずれるだけで大きくエイムが動いてしまうため、使用するマウスパッドを慎重に選ぶ必要があります。

自分に合っていないマウスパッドを購入してしまうと、エイムが良くしたいのに悪くなってしまうこともあります。

この記事では、ハイセンシでマウスパッドは何を買えば良いか悩んでいる方に向けて、ハイセンシの人に特におすすめのマウスパッドを7つ紹介します。

スポンサーリンク

ハイセンシの人におすすめマウスパッドを紹介

ソフトタイプのマウスパッドのおすすめ

ARTISAN NINJA FX ライデン MID

おすすめのスピード系マウスパッドの1つ目は、ARTISAN ライデン MID XLのマウスパッドです。

サイズは(縦x横x高さ)=42 x 49 x 0.3 cmと大きめのマウスパッドです。このマウスパッドはプロの方なども使用していて、とても評判の良いマウスパッドです。

また、布系のマウスパッドの中でもかなり滑りやすく、初動の引っかかりを感じにくいです。そのため、ハイセンシの人でソフトタイプのゲーミングマウスパッドを探しているなら1番おすすめです!

Logicool G640 マウスパッド

ハイセンシの人におすすめのマウスパッドの2つ目は、Logicool G640です。サイズは(縦x横x高さ)=40 x 46 x 0.3 cmとなっています。

プロの方なども使用していて、とても評判の良いマウスパッドです。

価格もあまり高くなく、数ヶ月に一回であれば買い換えることも容易な金額なので、滑り具合を一定に保ちやすいマウスパッドとなっています。

個人的にかなりおすすめマウスパッドで、コスパが最強のマウスパッドになります!

関連記事:G240/G440/G640のマウスパッドの違いやどれがおすすめか紹介!

SteelSeries QcK マウスパッド

ハイセンシの人におすすめのマウスパッドの3つ目は、SteelSeries QcKのソフトタイプのマウスパッドです。

価格が2100円程度のマウスパッドで、サイズは(縦x横x高さ)=40 x 45 x 0.2 cmとなっています。

このマウスパッドは使いやすいだけでなく、値段も安いマウスパッドとなっています。

そのため、他のマウスパッドと比べて買い変えるハードルが低く、ゲームのプレイ時間や仕事などでマウスパッドを磨耗しやすい人に特におすすめのマウスパッドとなっています。

関連記事:SteelSeries QcKとQcK Heavyの違いを解説

ハードタイプのマウスパッドのおすすめ

SkyPAD 3.0 XLマウスパッド

ハイセンシの人におすすめのマウスパッドの4つ目は、SkyPADのマウスパッドです。

素材がガラス製なので値段が高いですが、とても滑りやすいゲーミングマウスパッドになります。

また、サイズも大きく、ハイセンシだけでなくローセンシの人でも問題なく使うことができます。

値段が高い以外は文句なしのマウスパッドなので、ハードタイプのマウスパッドを使うならこのマウスパッドが1番おすすめです!

関連記事:おすすめのガラス製ゲーミングマウスパッド5選!メリット・デメリットを紹介

Logicool G440t マウスパッド

ハイセンシの人におすすめのマウスパッドの5つ目は、ゲーミングマウスパッドのハードタイプで定番のLogicool G440tです。

このマウスパッドは価格が3100円程度のマウスパッドで、サイズは(縦x横x高さ)=28 x 34 x 0.3 cmとなっています。

ハードタイプは比較的値段が高くなりますが、このマウスパッドはかなりコスパの良いマウスパッドになります。

この商品はLogicoolの製品であるため、Logicoolのゲーミングマウスを使っている人には特におすすめできるマウスパッドとなっています。

関連記事:ハードタイプのマウスパッドのおすすめ5選!滑りやすいマウスパッドを紹介

スポンサーリンク

ハイセンシのメリットとデメリットを紹介

ハイセンシはマウスの感度が高く、振り向きの㎝が小さいセンシのことです。

ゲームによって異なりますが、基本的に振り向き15cm以下のマウス感度であればハイセンシであると言えます。

振り向きとは真後ろを向くまで何㎝必要かという数値のことです。

また、プロの方のハイセンシはとても見栄えの良いシーンも多く、そのようなシーンを憧れてハイセンシにする人も少なくありません。

ハイセンシのメリット

ハイセンシのメリットは以下のようになります。

・素早い視点移動が可能
・腕が疲れないので長時間のプレーができる
・小さいマウスパッドでも問題ない
・ソールの摩耗が抑えられる

ハイセンシは素早い視点移動が可能なため、敵を見つけてから狙いを定めるまでの時間を短くすることができます。

そのため、ローセンシと比べて理論値は高く、上手く狙いを定めることができれば強い感度になっています。

また、視点の移動が速いことで見栄えの良いプレーをしたり、ストレスなく快適にプレイすることがもメリットです。

小さいマウスパッドでも問題なくプレイできることも多く、マウスの移動量が少ないため長時間プレイしても疲れないことやマウスのソールとマウスパッドの消耗を減らせることがメリットになります。

ハイセンシのデメリット

ハイセンシのデメリットは以下のようになります。

・エイムが安定しない
・細かいエイムが難しい

メリットとデメリットだけを見るとハイセンシは良いように見えますが、FPSでエイムを合わせることは最重要です。

そのため、ある程度の期間プレイしてみてエイムが良くならないようであれば感度を落とすのもおすすめです。

初心者の方ほどハイセンシにする傾向がありますが、初心者の方は感度を落とす方が強くなる印象があります。

関連記事:【徹底解説】FPSのハイセンシ・ローセンシとは?メリットとデメリットを紹介

スポンサーリンク

ハイセンシの人におすすめのマウスパッドの選び方

マウスパッドの素材

マウスパッドの素材は、布やガラス、プラスチックなど様々あります。

マウスパッドは素材によってソフトタイプやハードタイプと呼ばれることがあり、それぞれに特徴があります。

ソフトタイプのマウスパッドの特徴

ソフトタイプは素材に布が使われていることが多いです。

そのため、マウスとマウスパッドの間での摩擦が大きく、ハードタイプと比べて滑りにくい代わりにマウスを止めやすいという特徴があります。

マウスを止めやすいという特徴があるため、ハイセンシの人もマウスを止めやすく、相手に安定して照準を合わせることができます。

また、素材が布であるためマウスパッドの消耗が激しく、定期的に買い替えないと摩擦を一定に保つことができません。

ハードタイプのマウスパッドと比べると買い替え頻度が多いことがデメリットになります。

ハードタイプのマウスパッドの特徴

ハードタイプのマウスパッドは素材に金属やプラスチックが使われています。

マウスとマウスパッドの間での摩擦が少ないため、ソフトタイプのマウスパッドと比べて少ない力でマウスを動かすことができます。

しかし、滑りやすい代わりに止めたい時にぴったり止めるのは難しいです。

また、ゲーミングマウスパッドの素材が金属やプラスチックと硬い素材なのでマウスとマウスパッドの設置面のマウスソールが削れやすいというデメリットもあります。

上記のことからローセンシのようなマウスを大きく動かす人には止めにくくて、マウスソールが削れやすいためあまりおすすめできません。

ハードタイプのマウスパッドを使う場合、ローセンシの人よりもハイセンシの人におすすめです。

また、マウスを早く動かしたい人にはおすすめできますが、安定感が欲しい人にはあまりおすすめできません。

関連記事:ハードタイプのマウスパッドのおすすめ5選!滑りやすいマウスパッドを紹介

関連記事:ゲーミングマウスパッドの素材と特徴!おすすめの選び方について解説

マウスパッドのサイズ

ハイセンシの人におすすめのマウスパッドの大きさは、個人のマウスの移動範囲によって異なります。

おすすめの振り向きは、ゲーム内で真後ろを振り向こうとした時に、マウスを動かせるくらい十分なスペースがある大きさが望ましいです。

ハイセンシの人の場合は振り向くために、動かす幅が小さいため、比較的小さいマウスパッドでも問題ないことが多いです。

関連記事:マウスパッドのおすすめの大きさは?ゲームで使いやすいマウスパッドを紹介

マウスパッドの形状

マウスパッドには、手首を支えるためのクッションがあるものや猫型などの形状のものがあります

しかし、手首を支えるためのクッションがあるものは、手首の可動域が狭くなり、猫型などのものはマウスを動かした時にマウスパッドに引っかかることがあります。

上記のことから、ハイセンシの人におすすめするマウスパッドは、特別なこだわりがなければ四角の凹凸がない平らなマウスパッドがおすすめです。

マウスパッドの滑りやすさ

ハイセンシの人におすすめのマウスパッドの滑りやすさについては、滑りやすさの好みが分かれやすく、個人差が大きいため、それぞれの好みで良いと思っています。

マウスパッドはコントロール系やスピード系など様々な種類がありますが、色んな種類を使ってみて自分に合うものを見つけましょう。

このため、普段使っているマウスパッドを基準にもっと滑った方が良いか、止めやすい方が良いかを考えてマウスパッドを選ぶようにしましょう。

初めてゲーム用のマウスパッドを買うハイセンシの人は、使っている人が多いLogicoolかSteelseriesのソフトタイプのマウスパッドを買うことをおすすめします。

関連記事:【2023年最新版】FPSでローセンシの人におすすめのマウスパッド5選

スポンサーリンク

ハイセンシのプロゲーマーが使っているマウスパッド

最後にハイセンシのプロゲーマーが使っているマウスパッドについて紹介します。もし迷っている方は、参考にしていただけると幸いです。

情報が古いなどで誤情報等あれば、教えていただけると助かります。

VALORANTのハイセンシのプロが使っているマウスパッド

VALORANTのハイセンシのプレイヤーで有名なTenZ選手とSmth選手のマウスパッドを紹介します。

TenZ選手は、ARTISANのゲーミングマウスパッドを使っているようです。

また、日本国内で感度が高く、ハイセンシプレイヤーとして有名なSmth選手は2022年の9月にArtisanのマウスパッドに変えたとTweetしています。

APEX Legendsのハイセンシのプロが使っているマウスパッド

APEX Legendsは、VALORANTのプロと比較するとハイセンシの人が多いイメージです

これは、近距離での戦闘も多く、感度が低いと対応できないことが多いためであると考えられます。

APEX LegendsのプロでハイセンシのYuki選手は、Razer製のマウスパッドを使っているようです。

Overwatchのハイセンシのプロが使っているマウスパッド

OverwatchもAPEXと同じくハイセンシのプレイヤーが多いです。

OverwatchプロのHaksal選手が使っているマウスパッドを紹介したかったのですが、調べてもどのマウスパッドを使っているか出てきませんでした。

なので、プロではないですが、国内の元Overwatchのプロでハイセンシだった関さんとJasperさんの使用しているマウスパッドを紹介します。

お二人ともLogicoolのG 640rを使っているようです。このマウスパッドは私もお気に入りで、かなりおすすめのマウスパッドです。

スポンサーリンク

ゲーム用マウスパッドの寿命・買い替え時

ゲーム用マウスパッドの寿命はどれくらい?

仕事や勉強で使っているマウスパッドは何年使ってもあまり問題になることはありません。同じように、ゲームに使うマウスパッドも買ってから一度も変えない人がいます。

ただし、長い間使い続けることは様々なゲームにおいておすすめできません。マウスパッドは摩耗すると購入時した初期の頃と比べて滑り具合が変わります。

そのため、ゲームを頻繁にやる人は数週間に1度、あまりやらない人でも半年に1度買い替えることがおすすめです。

また、上記の例外として、飲み物をこぼしてしまったり、汚れが付きやすい環境で遊んでいる人のマウスパッドの寿命は短くなります。

マウスパッドの種類で寿命は変わる

マウスパッドには布などが素材のソフトタイプ、プラスチックが素材のハードタイプがあります。

ソフトタイプのマウスパッドの素材は、ハードタイプの素材と比べると摩耗しやすく、滑り具合が変わりやすいです。

ハードタイプのマウスパッドは摩擦に強く、ソフトタイプと比べて長期間滑り具合が一定に保てます。

個人的にはソフトタイプのマウスパッドの寿命は数週間~3か月程度、ハードタイプのマウスパッドの寿命は半年程度だと考えています。

FPS・TPSなどを上手くなりたい人の買い替え時

FPSやTPSなどのシューティングゲームをやっている人は、他のジャンルのゲームをやっている人に比べてマウスパッドが大事になります。

なぜなら、少しの摩擦の違いで相手に照準を合わせられるかが決まるためです。

そのため、マウスパッドの寿命が近づいていて、マウスパッドが劣化しているかどうかは他のゲームをやる人以上に気にする必要があります。

また、マウスパッドの寿命はローセンシやハイセンシなど感度によっても違います。特にローセンシの人の方はマウスの動かす量が多くなるため、同じ時間を遊んでいても寿命が来るのが早いです。

以前と比べてエイムの調子が悪いと思っている人は、マウスパッドの寿命が原因の可能性があります。そのような人はマウスパッドを買い替えることがおすすめです。

関連記事:マウスパッドの寿命や交換頻度は?買い替えるメリットについても紹介

スポンサーリンク

購入したマウスパッドの巻き癖や歪みの対策を紹介

重りを使う方法:重りを乗せて巻き癖を改善する

マウスパッドが歪んでいるときは重りを乗せることで巻き癖や歪みの改善を期待できます。

本などの平らな物を重りにして、マウスパッドを広げてその上に乗せることがおすすめです。このマウスパッドに重りを乗せた状態で1日程度放置してみてください。

ただ、平らな物でないとマウスパッドに歪みや凹凸が生まれてしまうため注意が必要です。

関連記事:ゲーミングマウスパッドのおすすめ7選!おすすめの選び方も紹介

固定する方法:ゴムバンドで巻き癖の反対方向に固定する

巻き癖がある逆方向にマウスパッドを巻き、ゴムバンドで固定することで巻き癖を改善できることがあります。

固定する時間は数時間から半日程度がおすすめです。

マウスパッドの様子を見ずに長時間巻きすぎると現在の巻き癖は直るかもしれませんが、逆方向に巻き癖ができてしまう可能性があります。

そのため、こまめに様子を見て、ゴムバンドで固定する時間を調整することをおすすめします。

熱を利用する方法:ドライヤーで温めて形状整える

マウスパッドの巻き癖をドライヤーで直す方法は以下の通りになります。

マウスパッドを平らな表面に置き、巻き癖がある部分が平らになるように手で押さえたり、重りを置きます。その後、ドライヤーを使って、巻き癖のある部分に温風を当てます。

ドライヤーをマウスパッドから約10センチほど離して、熱が均等に当たるようにし、約30秒から1分程度当て続けます。

水で濡らす方法:マウスパッドを濡らして巻き癖や歪みを直す

マウスパッドを水で濡らすことで巻き癖や歪みを直す方法があります。

この方法はマウスパッドの滑り具合が変わる可能性があるため、FPSやTPSなどのシューティングゲームをやっている人にはあまりおすすめできません。

まず、水に濡らしたタオルやスポンジを用意します。タオルやスポンジは湿らせる程度で、水が滴るほど濡らさないように注意してください。

湿らせたタオルやスポンジで、マウスパッドの歪んでいる部分を軽く押さえるようにして濡らします。

マウスパッドが適度に湿った状態になったら、歪んでいる部分を反対方向に押さえるようにして、形状を整えます。

関連記事:マウスパッドの巻き癖や歪みを直す方法を解説!

スポンサーリンク

ハイセンシのマウスパッドによくある質問

ハイセンシはソフトタイプとハードタイプはどっちがおすすめ?

マウスパッドには素材の違いによって、ソフトタイプとハードタイプの2種類があります。ハイセンシの人がソフトタイプとハードタイプどちらを選ぶかはゲームによって変えることがおすすめです。

VALORANTをプレイする場合は、マウスの止め性能がある程度必要とされるので、ソフトタイプのマウスパッドがおすすめです。

APEXやOverwatchなどの動きが早くて追いエイムが重要なゲームにはハードタイプのマウスパッドがおすすめになります。

感度によっておすすめのマウスパッドは変わるの?

ハイセンシやローセンシなどの感度の違いによって操作性が大きく異なります。

ハイセンシの人は、マウスパッドの摩擦によりマウスの初動が引っかかると力を入れることになり、その力のまま操作すると滑りすぎてしまうことがあります。

そのため、ハイセンシの人には初動の引っ掛かりを抑えるために比較的滑りやすいマウスパッドがおすすめです。

スポンサーリンク

ハイセンシ向けマウスパッドまとめ

今回はハイセンシの人におすすめのマウスパッドを紹介しました。

どのマウスパッドも使いやすくおすすめなので、余裕があれば複数の種類を試して自分に合ったマウスパッドを探してみてください。

ハードタイプのマウスパッドはソフトタイプのマウスパッドと使用感が違うため、好みが別れる印象ですが、余裕があれば一度は試してみることをおすすめします。

参考になれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました